授業料免除

金沢大学では,本人の申請に基づき本学の免除関係規則により家計基準,学力基準を審査,選考のうえ,予算の範囲内で,各学期ごとに授業料の全額,半額または一部を免除する制度があります。
免除の申請を希望する学生は,下記を確認のうえ,申請に必要な書類を揃えて申請してください。
なお,授業料免除に関する事項は,すべて事前に掲示でお知らせしますので,見落とさないよう,その指示に従ってください(学生支援課の掲示板は,本部棟2階にあります)。
また,申請の書類等に虚偽の事実があることが判明した場合や学則に定める懲戒を受けた場合は,免除を許可された後であっても,その許可を取消します。
おって,免除を許可された方については,その免除額は国民の皆様の税金により補填されていることを自覚し,社会的責任も負う心構えを持って,一層の勉学に励むことを期待しています。

申請資格

(1)経済的理由により授業料の納入が困難であり,かつ,学業優秀と認められる者
(2)各学期納期前6か月以内(新入学生は,入学年度の最初の学期に限り入学前1年以内)に以下のいずれかの事由が発生し,授業料の納入が困難になった者

① 学資負担者が死亡,本人又は学資負担者が風水害等の災害を受けた場合
② ①に準ずる場合であって,学長が相当と認める事由がある場合

前期・後期一括申請に係るお知らせ

授業料免除の申請は,前期分,後期分でその都度受付けていますが,当該年度の前期分及び後期分の申請を一括して前期に申請できる(後期分については,一部の証明書の提出のみで申請を省略することができる)前期後期一括申請も受付けています。申請方法は,授業料免除申請書類で確認してください。ただし,以下1~5に該当する者については,前期後期一括申請をすることはできません。今までどおり,後期申請期間内に後期分の申請を行う必要がありますのでご注意ください。

  1. 家族の中に60才未満で無職(15歳未満の者及び就学者は除く)の者がいる場合
  2. 家族の中に長期療養中の者がいる場合及び家計支持者が別居している場合
  3. 6ヶ月以内に退職金・保険金等一時所得がある世帯の場合
  4. 前期分と後期分で申請内容(家計状況・家族状況・就学状況等)が変わる見込みが少しでもある場合
    (例)学生本人が後期からアルバイトをする予定である,社会人である兄弟等が,家族と別居し独立する予定であるなど。
  5. 年度内に休学,退学を予定している場合

また,前期後期一括申請をした場合でも,選考は学期ごと行います。したがって,前期と後期で,選考結果が異なる場合もあります。

免除関係規則

免除関係の規則は,下記の書類にまとめられています。
リンク先より書類のダウンロードができます。

□ 金沢大学授業料免除及び授業料徴収猶予規程[PDF]
□ 金沢大学授業料免除等選考基準細則[PDF]

注1.平成27年度前期から選考基準細則の一部改正を行い,家計基準、学力基準等が変更となりました。
注2.本学には授業料の「徴収猶予」及び「月割分納」制度もありますが,必要となる証明書類や審査基準は免除を申請する場合と同様です。申請を希望する場合は当該期の免除申請期間開始前までにご相談ください。

スケジュール

【平成29年度後期授業料免除申請期間】
平成29年8月7日(月)~平成29年9月5日(火)   詳細(JapaneseEnglish

※申請期間(角間)に予約のない方や申請期間を過ぎての申請は、いかなる理由でも受付できません。

【平成29年度後期分授業料免除説明会】

平成29年7月18日(火)~平成29年7月24日(月)  詳細(H29後期分説明会案内

 

H30年度前期分

12月下旬:説明会開催及び申請書受付について学内掲示を行います
1月下旬 :説明会を開催
1月下旬~3月上旬 :申請予約登録期間予約方法はこちら)
1月下旬 :事前相談期間(申請も可)
2月初旬~3月初旬:本申請期間(完全予約制) ※新入学生は4月3日締切
7月中旬:結果通知(アカンサスポータルにて学生に通知)
7月下旬:授業料振替(半額免除、不許可者)

H29年度後期分

6月下旬 :説明会開催及び申請書受付について学内掲示を行います。
7月中旬 :説明会を開催
7月26日~9月4日 :申請予約登録期間(予約方法はこちら)
7月26日~8月4日:事前相談期間(申請も可)
8月7日~9月5日 :本申請期間(完全予約制)※10月入学生は入学手続期間内
12月中旬:結果通知(アカンサスポータルにて学生に通知)
12月下旬:授業料振替(半額免除、不許可者)

※授業料免除本申請期間は全て完全予約制です,予約がない場合は受付できませんので注意してください。(宝町・鶴間地区の学生で所属の学務係で堤出する場合は,予約不要です)。
※申請の書類等に虚偽の事実があることが判明した場合や学則に定める懲戒を受けた場合は,免除を許可された後であっても,その許可を取消します。

免除結果の通知はアカンサスポータルで行っています。
郵送での通知はいたしませんので,定期的にアカンサスポータルのメッセージを確認してください。

申請書ダウンロード


申請書を各自でダウンロード,印刷,記入の上,必要書類と併せて申請してください。

学生及び保護者の方へのお願い

授業料免除は、学生本人の申請となっており、学生本人がきちんと理解して申請するよう指導しております。
学生の自立性を促すため、ご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。

平成29年度後期授業料免除申請書

平成29年度後期授業料免除申請書
※各種提出書類(様式1~6)はA4サイズで片面印刷してください。

所得に関する証明書(見本)[PDF]

損害額申告書(申請前6ヶ月以内に風水害等の災害にあった方は提出)[PDF]
※新入学生及び東日本大震災の被災者については控除対象期間の特例があります。

授業料免除申請大学院学生推薦調書(医学系大学院1年生後期・2年生以上が提出)[PDF]

※医学系の大学院(医薬保健学総合研究科医学博士課程、医科学専攻(修士課程)並びに先進予防医学研究科)学生は1年生後期分(4月入学者のみ)及び2年生前期分以降の授業料免除申請の際提出してください(保健学薬学創薬科学専攻の学生は不要)。

※前期後期一括申請を行う場合においても、本推薦調書は、前期分,後期分をそれぞれ作成し、各申請期間内に提出してください(1年生(4月入学者)は、後期分のみ提出してください)。

授業料免除関係Q&A

よくある質問をまとめましたので,ご参照ください。 Q&A[PDF]

過去の免除状況

前期分

  申請者数

 

全額免除 半額免除 免除合計
許可者数 割合 許可者数 割合 許可者数 割合
学部・学類 850 380 44.7% 350 41.1% 730 85.8%
修士(博士前期) 338 126 37.2% 166 49.1% 292 86.3%
博士(博士後期) 145 47 32.4% 91 62.7% 138 95.1%
専門職学位(法務研究科) 10 5 50.0% 3 30.0% 8 80.0%
別科 2 1 50.0% 0 0.0% 1 50.0%
全体 1,345 559 41.6% 610 45.3% 1,169 86.9%

※平成26年度実績

後期分

  申請者数 全額免除 半額免除 免除合計
許可者数 割合 許可者数 割合 許可者数 割合
学部・学類 954 394 41.3% 433 45.3% 827 86.6%
修士(博士前期) 337 109 32.3% 184 54.6% 293 86.9%
博士(博士後期) 129 56 43.4% 65 50.3% 121 93.7%
専門職学位(法務研究科 9 5 55.5% 3 33.3% 8 88.8%
別科 2 1 50.0% 0 0.0% 1 50.0%
全体 1,431 565 39.5% 685 47.8% 1250 87.3%

※平成26年度実績

お問い合せ先

学生支援課  学生支援係

TEL:076-264-5164/076-264-5172
E−mail:stsien@adm.kanazawa-u.ac.jp

申請期間のうち,平成29年2月1日~平成29年3月3日は係の者が窓口で受付業務にあたるため,電話・メール等での問い合せに対応できません。質問等ある方は申請期間前にお問い合せください。