2015~2016年にベトナムで新たに出現した手足口病の原因ウイルス「高病原性エンテロウイルスA71 C4亜型」の特定に成功

金沢大学医薬保健研究域医学系の市村宏教授の研究グループと,東京都医学総合研究所およびベトナム国立小児病院の国際共同研究グループは,2015~2016年にベトナムの手足口病小児から新興エンテロウイルスA71 C4亜型およびこの組替え型ウイルスを特定するとともに,新興エンテロウイルスA71 C4亜型は従来のB5亜型よりも病原性が強いことを明らかにしました。

手足口病は,エンテロウイルス(※1)が原因となって手のひらや足の裏,口内に水泡性の発疹が出る急性発熱性ウイルス感染症であり,5歳以下の乳幼児・小児によくみられる疾患です。通常は軽い症状のみであり,ほとんどが数日のうちに軽快します。しかし,エンテロウイルスA71(※2)を原因として発症するケースでは時として重症化することがあり,特に東・東南アジアにおいて大きな問題になっています。

本研究では,2015~2016年にベトナムにおいて手足口病を発症した小児488名を対象とした調査を実施し,流行の原因ウイルスを明らかにし,その中に新興エンテロウイルスA71 C4亜型を特定することに成功しました。この新興エンテロウイルスA71 C4亜型は,これまでに見られなかった新たな群を形成していました。また,新興エンテロウイルスA71 C4亜型とコクサッキーウイルスA8による組み換え型エンテロウイルスを2株同定しました。新興エンテロウイルスA71 C4亜型での重症化率はB5亜型よりも高いこと,およびトランスジェニックマウス(※3)を利用した病原性解析でも,新興エンテロウイルスA71 C4亜型感染によるマウスの致死率は高いことから新興エンテロウイルスA71 C4亜型は従来のB5亜型よりも病原性が強いことを明らかにしました。

本研究における新興エンテロウイルス株および組み換え型ウイルスの同定は,手足口病流行の一事例についての発見にとどまらず,エンテロウイルスの病原性解明やワクチン開発という観点から,さらに幅広いケースに活用される重要な成果です。今後も,ベトナムでのエンテロウイルス流行状況を継時的に調査し,トランスジェニックマウスモデルを利用してエンテロウイルスA71の病原性や手足口病重症化の病態解明などについて研究を進めることにより,手足口病のより包括的な予防・対策アプローチにつながることが期待されます。

本研究成果は,2020年1月13日(英国時間)に英国科学誌『Scientific Reports』のオンライン版に掲載されました。

 

 

【用語解説】
※1 エンテロウイルス
手足口病の原因ウイルスとして,これまで22血清型のエンテロウイルスが同定されている。中でも,エンテロウイルスA71,コクサッキーウイルスA16,コクサッキーウイルスA6が代表的な手足口病の原因ウイルスである。

※2 エンテロウイルスA71
エンテロウイルスA71にはA~Hの8つの遺伝子型があり,このうちB・C型にはそれぞれ1~5の遺伝子亜型がある。手足口病流行の中心となる遺伝子型および亜型は年によって異なる。

※3 トランスジェニックマウス(外来遺伝子導入マウス)
エンテロウイルスA71はヒトにのみ感染する。東京都医学総合研究所は,エンテロウイルスA71のヒト受容体であるhSCARB2(human scavenger receptor class B2)の遺伝子を組み込んだトランスジェニックマウスの作製に成功した。これにより,エンテロウイルスA71を動物モデルに感染させることが可能となり,エンテロウイルスA71の病原性解析が行えるようになった。

 

Scientific Reports

研究者情報:市村 宏

 

 

Pocket
LINEで送る