エジプトのサッカラ遺跡で初めてローマ支配期のカタコンベ(集団墓地)を発見!

サッカラ遺跡の発掘現場(正面)

金沢大学新学術創成研究機構の河合望教授を隊長とする日本エジプト合同・北サッカラ調査隊は,エジプトのサッカラ遺跡で初めて,ミイラや重要な遺物が納められたローマ支配期(1〜2世紀)の未盗掘のカタコンベ(地下集団墓地)(※)を発見しました。

本調査隊は,新王国時代(前1550〜1069年頃)の高官の岩窟墓を調査する目的で,2017年8月から古代エジプト王朝時代の中心的都市メンフィスのネクロポリス(古代の墓地)であるサッカラ遺跡北部の発掘を開始しました。2019年8月から9月までの調査において,ナイル川流域では初めてとなるローマ支配期の未盗掘のカタコンベを発見しました。

カタコンベの岩窟墓内部には数十体のミイラを含めた遺体がほぼ手付かずの状態で埋葬されていただけでなく,エジプトの神々とギリシアの神々が描かれたギリシア文字が掘られた石碑や,エジプトのイシス女神とギリシアのアフロディーテ女神が習合したイシス・アフロディーテ女神の像などが出土しました。

本発見により古代エジプトの文化と古代ギリシア・ローマの文化の融合に関する貴重な資料を得ることができ,ローマ支配時代のエジプトについての今後の研究の進展が期待されます。

なお,本調査研究は,早稲田大学,東日本国際大学,国立科学博物館,カイロ・アメリカン大学,エジプト考古省の研究者と共同で実施されたものです。

本研究成果は,2019年11月5日にエジプト政府考古省から公式に発表されました。


 

図1. 発掘現場俯瞰画像(中央の階段のある構造物がカタコンベの入口)


 

図2. カタコンベの入口前から出土したライオン像

 

図3. テラコッタ製イシス・アフロディーテ女神像

 

【用語解説】
※ カタコンベ(地下集団墓地)
イタリア語で地下の墓所を意味する。死者を埋葬した洞窟,岩窟全般を指す。

 

詳しくはこちら

研究者情報:河合 望

 

Pocket
LINEで送る