AIを活用した糖尿病性腎症重症化予防の共同研究を開始~日本人に最適な予防法を開発しQOL向上に貢献~

金沢大学医薬保健研究域医学系の和田 隆志教授らの研究グループと,株式会社東芝,東芝デジタルソリューションズ株式会社は,糖尿病性腎症の重症化メカニズムの解明により精密医療の実現を目指す共同研究を開始しました。

本共同研究では,東芝デジタルソリューションズのアナリティクスAI 「SATLYS™」(※1)を活用することで,透析導入および重篤な合併症を引き起こす可能性がある糖尿病性腎症重症化メカニズムを解析します。さらに,リスクごとに詳細に層別化・体系化された予防法を開発することで,患者のクオリティ・オブ・ライフ(QOL)向上を目指します。


 

図. 本共同研究で目指す糖尿病性腎症患者の重症化パターン別の予防法開発

 

 


【用語解説】
※ アナリティクスAI 「SATLYS™(サトリス)」
東芝の「ものづくり」の実績から得た知見をAIの設計に生かし,高精度な識別,予測,要因推定,異常検知,故障予兆検知,行動推定などを実現するAIサービス。(https://www.toshiba-sol.co.jp/pro/satlys/)。東芝デジタルソリューションズ株式会社の日本またはその他の国における登録商標または商標である。

 

詳しくはこちら

研究者情報:和田 隆志

Pocket
LINEで送る