「共創型企業・人材展開プログラム」開講式を開催

10月7日「共創型企業・人材展開プログラム」の開講式が開催されました。

新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から,消毒を徹底する等対策を十分に講じた上での関係者・招待者のみでの開催となりましたが,開講式には首都圏からプログラムに参加する研究員,その研究員を受け入れる参画地域企業の方々,関係団体などから44名にご参加いただきました。

本プログラムは,本学と協同組合全国企業振興センター(アイコック)および株式会社北國銀行が共同で,地域企業の活性化や人材の高度化を図り,地域産業の持続的発展に貢献することを目的に,首都圏の中核人材を地域企業にマッチングし,その定着を図る事業です。

開会に際し,山崎光悦学長のあいさつにはじまり,北國銀行の杖村修司取締役頭取,アイコックの田中尚人代表理事理事長があいさつしました。

続いて,人間社会研究域経済学経営学系の佐無田光教授から事業の概要について説明がありました。今年度マッチングされた中核人材は,令和3年10月から翌年3月までの6カ月間,課題解決に従事しつつ,リカレント教育を受けて,能力向上を図ります。また,本学の客員研究員として,専門教員の指導を受けながら,地域企業・地域産業の課題解決とその共創的な発展に関する研究に携わります。

研究員には和田隆志理事から一人一人に委嘱状が授与され,首都圏や東海圏から参加した6名は,本学の客員研究員として企業の問題解決に取り組む決意を新たにしていました。

客員研究員は原則,週4日は参画企業に伺い経営課題の整理・解決を行いながら,週1日は本学の「個別ゼミ」「集合研修」「総合演習」で教員・大学・専門家の知見を活用し,共創型企業・人材展開のための研究を行います。このプログラムは令和4年3月末までの事業となっています。

本事業の詳細についてはこちらをご覧ください。

 

  • 記念撮影
  • 山崎学長のあいさつ
  • 事業の説明を行う佐無田教授
  • 委嘱状の授与
Pocket
LINEで送る