金沢大学における新型コロナワクチン職域接種を終了


令和3年8月30日
金沢大学

 

金沢大学における新型コロナワクチン職域接種を終了

 

本学は,令和3年7月6日から,角間キャンパスにおいて,新型コロナワクチン大学拠点接種(職域接種)を実施し,8月27日までに,接種を希望する本学及び近隣の大学等6機関の学生・教職員等及び留学予定者合わせて約11,000人への接種を終了しました。

接種に際しては,本学の医師,薬剤師,看護師等の医療従事者及び事務・学生スタッフ等に加え,北陸大学のご協力も得て,延べ約2,400人が業務を担い,約2か月間に渡る接種を順調に実施しました。

新型コロナウイルス感染症の感染が拡大するなか,ワクチン接種を2回済ませたとしても感染防止対策の継続は必要ですが,この接種により,安心・安全なキャンパスライフの維持,地域のワクチン接種や感染防止対策等の負担軽減に繋がることが期待されます。

引き続き,新型コロナウイルス感染症感染拡大防止に努めてまいりますので,皆様方のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る