株式会社アクトリーと産学連携包括的推進に関する協定を締結

4月23日,本学は株式会社アクトリーと産学連携の包括的推進に関する協定を締結しました。

この協定は,「脱炭素社会の構築に向けた新たなグリーンイノベーション推進」を大きな共通の目標に掲げ,大型共同研究を複数行うこととしています。

協定締結式では,株式会社アクトリーの水越裕治代表取締役社長から「焼却炉の排ガスからCO2を回収する技術というのは世界中で競争している。当社もこの研究開発に相当な資金と時間を注いで取り組みたい」というあいさつがあり,山崎学長からは「CO2の吸着・濃縮だけでなく,回収したCO2をどう有効活用していくかも幅広く提案していきたい」とのあいさつがありました。

今後,本協定の締結により,CO2の吸着・濃縮・回収に関する共同研究からスタートしていき,脱炭素社会の構築を目指します。

 

Pocket
LINEで送る