立教大学と「連携・協力に関する協定」を締結

3月29日,七尾市の和倉温泉加賀屋において,本学と立教大学は,観光産業分野をはじめとする中核人材育成のため,連携・協力に関する協定を締結しました。

本学は,平成30年4月に人間社会学域地域創造学類に観光学・文化継承コースを設置し,令和4年4月には融合学域に観光デザイン学類(仮称)を設置予定です。人文・社会科学のみならず,科学技術の分野融合の知見を基盤に地域をデザインしブランディングできる人材育成に取り組むこととしています。

立教大学は,昭和21年に開講した「ホテル講座」を皮切りに,70年以上にわたる観光教育の歴史を有し,これまでに日本と世界の観光業を支える多くの人材を輩出しています。

締結式では,山崎光悦学長と立教大学郭洋春総長のあいさつに続き,立教大学OBで本協定締結にご支援いただいた加賀屋相談役小田禎彦様のご列席の下,調印を行いました。

本協定の締結により,両大学の優位性を十二分に生かし,産業界,自治体等と一体となって,観光産業分野をはじめとする人材の育成を目指します。

  • 左から郭総長,小田相談役,山崎学長
Pocket
LINEで送る