2020年度派遣留学成果報告会を開催!
Debriefing Session of Study Abroad Program 2020 took place

1月18日から22日にかけて,「2020年度派遣留学成果報告会」をオンラインにて開催しました。5日間を通して,2018・2019年度派遣留学生69名が自身の留学経験の発表を行い,今後留学を目指している学生や教職員など約200名が参加しました。例年,講義室に集まって実施しているところ,今回は、新型コロナウイルス感染防止のために初めてオンラインによる開催となりました。

2月15日には,その中でも優秀なプレゼンテーション発表を行った派遣留学生(派遣先大学ごとのグループ)に対し,山崎光悦学長から表彰状が授与されました。山崎学長からは,現地で学んだことをぜひ将来に生かしてほしいという願い,今後も周りの人への感謝を忘れずに自身の目標に向けて積極的に挑戦してほしいという期待が述べられました。

<2020年度派遣留学成果報告会 受賞者>

最優秀賞:北京師範大学(中国)
自然科学研究科物質化学専攻博士後期課程1年 中窪 圭佑

優秀賞:マラヤ大学(マレーシア)
人間社会学域国際学類4年 宮川 茉佑子
人間社会学域国際学類4年 有江 晴花
人間社会学域国際学類4年 山田 愛結

優良賞:ノルウェー科学技術大学(ノルウェー)
人間社会学域国際学類4年 伏谷 亮太朗

発表内容の動画の視聴はこちら(学内専用)

 

From 18 January to 22 January, a debriefing session of study abroad experience was held online. This session gave 69 students who studied at Kanazawa University’s partner universities the opportunity to report on their experiences abroad. About 200 people including students and staff participated in the session and had good chances to know their study abroad experiences through each presentation.

On February 15, the Awards Ceremony for the presentation of this session took place. 5 students below were selected as the best presenters and President Koetsu Yamazaki gave the congratulatory address to them.

<Best presenters of the presentation debriefing Session of the Study Abroad Program 2020>

1st place: Beijing Normal University (China)
Keisuke NAKAKUBO, Graduate School of Natural Science & Technology

2nd place: University of Malaya (Malaysia)
Haruka ARIE, School of International Studies
Mayuko MIYAGAWA, School of International Studies
Ayu YAMADA, School of International Studies

3rd place: Norwegian University of Science and Technology (Norway)
Ryotaro FUSHITANI, School of International Studies

  • 表彰状を授与される学生
Pocket
LINEで送る