富山県南砺市で世界遺産・五箇山の秋の実りを堪能!

11月21日,富山県南砺市下梨において実施された「みんなで農作業の日」in五箇山(大収穫祭)に本学学生16名が参加し,地元住民と共に五箇山の秋の実りを祝いました。

「みんなで農作業の日」in五箇山では,今年度の本学学生が9月の稲刈り体験に参加しており,今回の大収穫祭はその締めくくりとして行われたものです。参加学生は,五箇山で収穫された赤カブ・コメ・ソバなどの食材を使い,赤カブ料理づくりやそば打ちを体験。体験終了後には,地元の方々と机を囲み,共に収穫の恵みを味わいました。

本学は,平成26年12月に富山県南砺市と包括連携協定を締結。平成28年4月には,南砺市の支援を得て世界遺産である五箇山相倉合掌造り集落内に「金沢大学セミナーハウス 助市(すけち)」を設置しました。また,五箇山で実施されている棚田オーナー事業に「金沢大学セミナーハウス 助市」として平成30年度にオーナー登録。五箇山地域の活性化を支援するとともに,学生の地域活動参加をサポートしています。

・今年9月の稲刈り体験の様子はコチラ

  • 郷土食材の赤カブを使って楽しく料理
  • 地元住民とそば打ちに励む学生ら
  • 参加者全員で料理を堪能
Pocket
LINEで送る