国産イ草の北限の産地で「小松イ草」の伝統と可能性に触れる!

8月19日,金沢大学は北陸農政局との共創事業「ボーっと食べてんじゃねーよ!」(※)の一環として,石川県小松市の宮本農産での農業体験プログラムを実施し,学生3名が参加しました。

本体験プログラムは,実際の現場での体験を通して,農業の現状や課題を理解し,課題解決に向けたアイデア創出の機会とするもの。8月から9月にかけて,宮本農産を含めた県内6カ所で実施し,約30名の学生が参加する予定です。

今回の受入先である宮本農産は,国産イ草の北限の産地である小松市唯一のイ草農家です。参加学生は,細かく分けたイ草の株を苗箱に手作業で植え付ける「苗づくり」を体験。その後,宮本農産の作業場を見学し,5代目の宮本健一氏から小松イ草の特徴や栽培の流れ,泥染め・乾燥・織り上げの工程について説明を受けました。続く意見交換では,6次産業化プランナーや企業人も加わり,加工時に余った短いイ草の活用や次代に向けた情報発信について議論し,子ども向け商品への転用や海外への販路拡大などのアイデアを出し合いました。

本体験プログラムの参加学生は,10月以降に連動プログラムである「プレ・アグリソン」「アグリソン」に参加し,今回の体験や気付きなどを踏まえ,各農家が抱える課題を解決するためのビジネスプランを練り上げます。
 

※北陸農政局との共創事業「ボーっと食べてんじゃねーよ!」
 本学学生を対象に昨年度から実施。農業や地域の現状を学び,農業に関心を持つ機会を提供することで,従来の考え方に捉われない斬新なアイデアで農業や食品産業が抱える課題の解決策を考え,社会実装につなげることを目的としている。


 本共創事業の詳細についてはこちら

 

  • 宮本氏からイ草の苗づくりについて説明を受ける学生ら
  • イ草の作業場見学
  • 6次産業化プランナーや企業人も交えた意見交換
Pocket
LINEで送る