「新型コロナワクチン・治療薬開発寄付口座」の設定に関する覚書を締結

6月1日,本学は三井住友信託銀行株式会社と「新型コロナワクチン・治療薬開発寄付口座」の設定に関する覚書を締結しました。

この寄付口座は,新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチン・治療薬の開発等に関わる研究の支援を目的として,幅広く個人からの寄付を募集するために三井住友信託銀行が開設したもので,寄付者は本学を含む12大学から寄付先を選択することができます。また,口座設定と同時に,当該研究支援のために三井住友信託銀行から本学に1千万円が寄付されました。

覚書締結に際して開催した記者説明会では,中村裕之医薬保健研究域長から,三井住友信託銀行への寄付口座の設定に対する謝辞と,日本社会および世界に貢献するために本学の英知を結集して研究開発を実施することの抱負が述べられた後,本学の研究グループリーダーである,医薬保健研究域医学系の倉知慎教授,渡会浩志教授および医薬保健研究域薬学系の吉田栄人教授の3名から,研究の概要についての説明がありました。また,三井住友信託銀行の松本明金沢支店兼金沢中央支店長から,寄付口座設定の趣旨説明と,研究開発を支援して地域に貢献したいとの意欲が示されました。

 

本口座への寄付についてはコチラ(三井住友信託銀行WEBサイト)

 

  • 覚書を手にする中村研究域長(左)と松本支店長(右)
  • 研究の概要についての説明の様子
Pocket
LINEで送る