令和2年度⾦沢⼤学入学宣誓式の中止および学長メッセージについて

令和2年度入学宣誓式の開催について検討しておりましたが,新型コロナウイルスの現況を踏まえて中止といたしました。山崎光悦学長から令和2年度入学生の皆さまへのメッセージがございますので,お知らせします。

 

 

令和2年度入学者の皆さまへのメッセージ

金沢大学長の山崎光悦です。難関を突破し,晴れて金沢大学に入学された新入生の皆さん,ご入学おめでとうございます。また,ご家族の皆さまにも,心よりお祝いを申し上げます。金沢大学の教職員を代表して,新入生の皆さんを心から歓迎いたします。

本来であれば,入学宣誓式で新入生と一堂に会し,ご入学をお祝いすることを大変楽しみにしておりました。しかし,新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐため,残念ではありますが式典を中止し,ビデオメッセージをお届けすることにいたしました。いまだ終息の兆しが見えない厳しい現況の下,3密を避けるためオンラインでの遠隔講義の導入を促進し,大学に来ずとも授業に参加できる体制を整えつつあります。このような取り組みにより,皆さんの学修機会の確保と学びの質保証に努めておりますので,安心して,勉学に励んでいただきたいと思います。

このコロナウイルスによるパンデミックが引き起こす世界的な危機は,皆さんにとっても大きな試練でありますが,ICTを活用した遠隔授業やテレワーク,そして遠隔診療やネット注文によるデリバリーなど,恐らく今までのビジネスを変革する大きな原動力,世界を一変させる大きな波となって皆さんの日常生活,学修環境に迫ってくるでしょう。皆さんを取り巻く社会構造が技術革新によって大きな変革期を迎えていることに目を向け,未来社会の課題に立ち向かう者として,大学や大学院で学ぶことの意義は何かをあらためて自分自身に問いかけてほしいと思います。

私が考えるその答えは,「己を磨く!」に尽きます。
学ぶ目的,目標を定め,やがては社会を牽引する中核リーダーとなって,社会の持続的な発展と人類の幸福に貢献するために,貪欲に学びを深め,己を高めていただきたい。

己を磨く!」の方針に沿って,自らの学びの計画を立てるための3つのヒントをお話しします。

第一は「人間としての己を磨く!」ことです。人文・社会科学,そして自然科学の基礎を幅広く学び,教養を深めることで,高い倫理観と,新しいアイデアを創造する力,それを具現化する実践力など,「人間基礎力」を磨いていただきたい。
 本学は,「金沢大学ブランド」の人材育成を教育目標に掲げ,「金沢大学〈グローバル〉スタンダード KUGS(Kanazawa University Global Standard)」を定めています。将来,社会に出て活躍する上で基盤となる素養を5つの能力,すなわち「自己の立ち位置を知る」「自己を知り,自己を鍛える」「考え・価値観を表現する」「世界とつながる」,そして「未来の課題に取り組む」とし,全ての学生が備えることを目指しています。

第二は「専門人としての己を磨く!」ことです。
 金沢大学は,国が進める国立大学機能強化の3つの枠組みから,「卓越した成果を創出している海外大学と伍して,全学的に卓越した教育研究,社会実装を推進する大学」,いわゆる世界卓越型を選択しました。国際通用性のある人材育成,大学院教育の高度化,国際ネットワークの構築などを通して世界トップレベルの教育研究拠点の形成に向けた取り組みを推進しています。こうした環境において,自身の専門分野の知識を深めるとともに,インターンシップ,海外でのラボトレーニング,起業を目指すアントレプレナーシップなどの機会を自らつかみ,誰にも負けない自身の個性や強みを見つけ,磨いていただきたい。

そして第三に,「グローバル人材としての己を磨く!」ことです。社会変革を先導する人材となるためには,自国の文化や歴史を背景に,異文化を理解し,受け入れる寛容性と総合的な人間力を鍛えることが大切です。そのためにも,在学中に少なくとも一度は海外留学に挑戦していただきたい。全く違う世界を自分の目で見,体感することで,視野が広がり,目指すべき目標が高まります。国際コミュニケーション力,交渉力,そして高度な専門性に裏打ちされた広い視野と創造力,さらに世界が直面する諸課題を解決に導く実践力,それらが皆さんの未来を切り拓いてくれます。

未来はやってくるものではなく,自分で切り拓くものです。」決して失敗を恐れてはいけません。挫折を経験することが諸君を精神的に強くしてくれます。

多彩な未知の能力,未来の可能性を秘めた新入生の皆さんには,150年以上の歴史と伝統を有する金沢大学の一員であることの自覚と誇り,己の行動に責任を持って,これからの大学生活を過ごしていただきたい。総合大学である本学の特色を最大限に活かし,分野を越えて大いに学び,さまざまな分野の学友と交わり,人間力形成に専念されることを,そして他の人とは違う,尖った自分を創り磨かれることを期待しています。

結びに当たり,諸君が日々の研鑽を積み,切磋琢磨し,教養豊かな未来の専門人,社会変革を先導するイノベーター,あるいは科学技術者として成長されることを祈念し,お祝いのメッセージとします。

令和2年4月17日

金沢大学長 山崎 光悦
 

令和2年度入学者の皆さまへのお祝いの言葉

令和2年度入学者の皆さまへ祝電を頂いております。 詳しくはコチラ

 

Pocket
LINEで送る