第2回金沢大学コンテスト表彰式を開催

山崎学長と授賞者

3月25日,金沢市内のホテルにて,第2回金沢大学コンテスト表彰式を開催し,学内外から約30名が出席しました。今年度は,新型コロナウイルス感染の拡大防止の観点から,規模を縮小して実施しました。

表彰式では,山崎光悦学長から超然文学賞の小説部門・短歌部門および日本数学A-lympiadの最優秀賞・優秀賞授賞者に表彰状,盾,副賞が贈呈されました。その後,各賞の実行委員長から総評が述べられました。

表彰式後の懇談会では,入賞者らが受賞の感想や将来の夢,抱負を語り合いました。

本コンテストは,本学が高大連携と入試制度改革の一環として平成30年度創設した高校生対象のコンテストで,超然文学賞および日本数学A-lympiadの2つから構成されています。本学が「金沢大学<グローバル>スタンダード(KUGS)」として掲げる「自己の立ち位置を知る」「自己を知り,自己を鍛える」「考え・価値観を表現する」「世界とつながる」「未来の課題に取り組む」という人材育成の指針につながっています。なお,入賞者には,令和3(2021)年度入学者選抜から実施する「超然特別入試」への出願資格を付与します。

 

※各賞の詳細はこちら

 

Pocket
LINEで送る