【動画News】2019年度派遣留学成果報告会表彰式および海外留学交流会を開催
 Awards Ceremony for the poster & presentation Study Abroad Program 2019 and Exchange meeting Take Place

1月23日,国際機構は「2019年度派遣留学成果報告会表彰式」および「海外留学交流会」を開催し,トビタテ!留学JAPANプログラム(以下,トビタテ)OB・OGや2017・2018年度派遣留学生をはじめ,今後留学に行く学生や留学に興味がある学生,教職員など65名が参加しました。

表彰式では,1月6日から20日にかけて開催された「2019年度派遣留学成果報告会」において優秀なポスター発表およびプレゼンテーション発表を行った3グループに対し,山崎光悦学長から表彰状が授与され,留学を経験した学生には現地で学んだことを是非将来に生かしてほしいという願い,今後留学を考えている学生には積極的に留学に挑戦してほしいという期待が述べられました。

引き続き開催された「海外留学交流会」では,トビタテOB・OGや派遣留学生が今後海外留学を希望する学生と留学先での学びや経験などを語り合いながらアドバイスを行い,交流を深めました。

<2019年度派遣留学成果報告会 受賞者>

最優秀賞:サラマンカ大学(スペイン)
 人間社会学域国際学類4年 福田 若奈
 人間社会学域国際学類4年 宮嶋 千晴

優秀賞:ユバスキュラ大学(フィンランド)
 人間社会学域学校教育学類4年 宮田 月乃
 人間社会学域国際学類4年 渡邊 ひなの

優良賞:ジャン・ムーラン・リヨン第三大学(フランス)
 人間社会学域国際学類4年 片岡 望海
 人間社会学域国際学類4年 神野 ゆり子

 

 

On January 23, the Awards Ceremony for the poster & presentation Study Abroad Program 2019 took place. 8 students who studied abroad to our partner universities below were selected as the best presenter and President Koetsu Yamazaki gave the congratulatory address to them. 65 people including students and staff participated in the event.

On the same day, the Exchange meeting was held and senior students talked about what they learned through various experiences overseas. It was not only the great opportunity for students who will study abroad next year to share information but also to make their motivation increase very much.
 

<Best presenters of the poster & presentation Study Abroad Program 2019>
University of Salamanca (Spain)
Wakana FUKUTA, School of International Studies
Chiharu MIYAJIMA, School of International Studies

University of Jyvaskyla (Finland)
Tsukino MIYATA, School of Teacher Education
Hinano WATANABE, School of International Studies

Jean Moulin – Lyon 3 University (France)
Nozomi KATAOKA, School of International Studies
Yuriko JINNO, School of International Studies

 

  • 海外留学交流会の様子
  • 表彰状を授与される学生
  • 2019年度派遣留学成果報告会における学生発表
Pocket
LINEで送る