NEDOと起業家支援に係る相互協力の覚書を締結

11月20日,本学は国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と起業家支援に係る相互協力の覚書を締結しました。

本学とNEDOはそれぞれ研究開発型のベンチャーの育成支援やビジネスコンテストを実施し,ベンチャーの創出に取り組んできました。NEDOは事業の柱の一つとして「研究開発型ベンチャーの育成」を推進しており,本学は大学発ベンチャー創出のほか,地方創生・学生の地域定着の観点から学生のアントレプレナーシップ教育を推進してきました。
 本覚書の下,これらの取り組みにおいて相互協力し,相乗効果を発揮することで,本学発ベンチャー創出のほか,ベンチャー支援人材やオープンイノベーションを生み出す人材の育成,学生のアントレプレナーシップ教育を加速させることを目指します。

覚書締結式では,NEDOの久木田正次理事から,NEDOが実施するベンチャー支援事業の紹介とこれらの取組みを通じた大学発ベンチャー創出に向けた抱負が述べられました。また,福森義宏理事(社会連携担当)からは,連携により本学が取り組むアントレプレナーシップ教育やビジネスコンテストなど,本学のベンチャー創出支援環境の充実と研究成果の社会実装の推進に向けた抱負が述べられました。

  • 覚書に署名する久木田理事(左)と福森理事(右)
Pocket
LINEで送る