公開講座「入門!デジタル・ファブリケーション~レーザーカッターを使って段ボールで立体的な動物を作ろう~」を開講

8月1日,本学角間キャンパス自然科学2号館において公開講座「入門!デジタル・ファブリケーション~レーザーカッターを使って段ボールで立体的な動物を作ろう~」を開講しました。

この講座は,コンピューターソフトでデザインを作成し,そのデータを元にレーザーカッターで段ボールを加工して作品に仕上げるものです。今年も午前の部と午後の部の2回開催され,小学5年生から大人まで,27名がデジタル工作機械を使ったものづくり「デジタル・ファブリケーション」の世界を楽しみました。

はじめに,株式会社C8LINK(クリパリンク)の竹田太志代表取締役がデジタル・ファブリケーションの概要や製作の手順,イラスト作成ソフトの使い方について説明。受講者たちは,イラスト作成ソフトの使い方を一通り練習した後,思い思いにデザインを描きました。

その後,理工研究域電子情報通信学系の秋田純一教授の指導の下,作成したデザインをレーザーカッターで切り出し,世界に一つだけの作品を完成させました。

受講生たちは,パソコンで作成した平面のデザインが実際に形になる様子を目の当たりにし,デジタル・ファブリケーションの可能性に目を輝かせていました。

 

主任講師:理工研究域電子情報通信学系 教授 秋田 純一

                  株式会社C8LINK(クリパリンク) 代表取締役 竹田 太志

会       場:自然科学2号館2階2A122

  • パソコンの指導をする竹田氏
  • 秋田教授によるレーザーカッターのレクチャー
  • 受講生の作品➀
  • 受講生の作品②
Pocket
LINEで送る