公開講座「がん医療の最前線」を開講

6月8日,サテライト・プラザにて,公開講座「がん医療の最前線」を開講しました(全3回)。

はじめに,がん進展制御研究所所長の平尾敦教授が「がんを早期に発見し,最善の治療をするために,最新のがん医療に関する情報をわかりやすく紹介していく」と開講のあいさつを行いました。続いて,医薬保健研究域医学系の木下雅史講師が「脳腫瘍~覚醒下脳手術:目が覚めた状態で脳の病変を取り除く~」をテーマに,脳の仕組みや脳腫瘍の種類について解説。覚醒下手術を行うメリットや,手術対象の条件などを紹介しました。また,脳腫瘍は根治困難なものが多い中,日進月歩で新しい治療法の開発や臨床応用が進んでおり,患者さんが元の生活に戻ることを目標とした新しい治療を行っていると述べました。

 

主任講師:がん進展制御研究所 教授 平尾 敦

講  師:医薬保健研究域医学系 講師 木下 雅史

会  場:サテライト・プラザ

  • あいさつする平尾教授
  • 講演する木下講師
Pocket
LINEで送る