「アントレプレナーシップⅠ2040年の仕事論」(第5回)を実施!

5月17日,本年度第1クォーター共通教育科目(自由履修科目)「アントレプレナーシップⅠ2040年の仕事論」の第5回目を実施しました。

本講義は,石川県との連携により,地域の次代を担う学生に必要なアントレプレナーシップ(企業家精神)を養うことを目的として今年度から開講された科目。起業家としての経験を持つ8名の国内有識者を外部講師として招き,21世紀の働き方,事業創造の考え方,地域の可能性など,テーマに応じて主体性を持って行動する重要性を学びます。

今回は株式会社スマイルズ代表取締役社長の遠山正道氏が「ビジネスを創造するという行為に込める思い」をテーマに講義。「個人」という最小単位がユニットになり,あらゆることがプロジェクト化していくこれからの時代は,一人の人生と仕事がそのまま重なるとともに,個人の発意がカタチになるチャンスに溢れた時代になると述べました。さらにその上で,仕事を自分事と捉え,アートや恋と同じように自分自身の思いを大事にし,意識的に自分の好きなことを突き詰め,自身の軸になる「意思」を持つことが大切だとメッセージを送りました。

講義後に開かれた講師と学生との交流会では,学生時代に学んだことや実践すべきことなどについて,膝を突き合わせて意見交換を行いました。

次回は5月24日,株式会社Discover Japan統括編集長の高橋俊宏氏による講義を行います。

 

講義の詳細はこちら

  • 講演する遠山氏
  • 講師と学生の交流会の様子
Pocket
LINEで送る