”病院職員のWA!病院で働く楽しさ・魅力の再発見”番外編 栄養管理部と地域連携室のランチョン座談会を開催

座談会の様子

9月5日,金沢大学付属病院において栄養管理部と地域連携室のランチョン座談会が開催され,14名が参加しました。この会は8月より新たな診療報酬の算定が開始されたことを機に,両部署間の交流を深める目的で開催されました。

 

今回新たに開始された診療報酬算定は,患者の円滑な退院や転院の支援を評価するもので,医師・薬剤師・看護師・管理栄養士・理学療法士などさまざまな職業人がそれぞれの専門的な立場から患者・家族への指導や他施設への情報提供を行います。管理栄養士はこれまで退院支援に関わっていませんでした,本算定を契機に少しずつ退院支援の参画を検討しています。

 

ランチョン座談会は自己紹介に始まり,お互いの業務内容の紹介や趣味などが話題にのぼり,昼休みの短い時間でしたが,充実したものとなりました。参加者からは,「このような機会があれば,またぜひ参加したい」との感想が聞かれました。

 

病院職員のWA!病院で働く楽しさ・魅力の再発見:

本学職員の創意工夫・アイデアを業務改善に生かし,大学運営の活性化を図るとともに,職員のモチベーションやモラールの向上を促すことを目的とした平成30年度金沢大学業務改善・改革プロジェクトの採択事業であり,金沢大学附属病院職員が部署,業種を越えて交流することで,相互の業務について理解し合い,日常的に協力・連携する関係性を築くことを目的としています。

 

Pocket
LINEで送る