第2回日タイ研究ジョイントシンポジウムを開催
The 2nd THAILAND-JAPAN RESEARCH EXCHANGE JOINT SYMPOSIUM Takes Place in Bangkok, Thailand

8月20日,タイ・バンコク市内の国立六大学バンコク事務所において,本学および国立六大学国際連携機構の主催で,国立六大学とタイの大学とのジョイントシンポジウムを開催し,本学からは山崎光悦学長ほか9名の教職員と9名の大学院生が参加しました。

シンポジウムは,山崎学長と,本学の協定校でバンコク事務所のビルを所有するモンクット王工科大学トンブリ校のサカリンドル・ブミラタナ学長のあいさつに始まり,国立六大学側から5名,タイの大学から7名の教員および研究者が医工連携をテーマに発表。続いて,日本とタイの大学院生による自身の研究に関するポスタープレゼンテーションを行いました。

また同日には,山崎学長らがブミラタナ学長を表敬訪問し,両大学の今後の交流について意見交換を行いました。

本シンポジウムをきっかけに,両国の大学同士の共同研究や研究協力がより一層活発になることが期待されます。

 

On August 20, Kanazawa University and SUN/SixERS (Six National Universities International Education and Research System) hosted the 2nd THAILAND-JAPAN RESEARCH EXCHANGE JOINT SYMPOSIUM at SixERS ASEAN Platform (AP-SixERS) in Bangkok. President Koetsu Yamazaki, 9 faculty and staff and 9 graduate students from Kanazawa University participated in the event.

President Yamazaki and Sakarindr Bhumiratana, President of King Mongkut’s University of Technology-Thonburi, which is one of our partner universities and owns the building where the platform is located, opened the symposium, and the researchers from both countries made presentations on their researches in bio-medical sciences. Japanese and Thai graduate students also made poster presentations on their researches.

Also, on this day, President Yamazaki paid a courtesy visit to President Bhumiratana, and there were discussions about the future collaboration between the two universities.

It was an essential opportunity to promote research exchanges and collaborations between universities in both countries.

  • あいさつする山崎学長
  • ポスタープレゼンテーションの様子
Pocket
LINEで送る