公開講座「入門!デジタルファブリケーション ~レーザーカッターを使って段ボールで立体的な動物を作ろう~」を開講

8月1日,公開講座「入門!デジタルファブリケーション ~レーザーカッターを使って段ボールで立体的な動物を作ろう~」を開講しました。

この講座は,コンピューターソフトで自由にデザインし,そのデータを元にレーザーカッターで段ボールを加工して作品に仕上げるもので,午前の部と午後の部の2回行われ,小学生から60代までの24名がデジタルファブリケーション(デジタル工作機械を使ったものづくり)の世界を楽しみました。

はじめに,理工研究域電子情報通信学系の秋田純一教授からのあいさつの後,株式会社C8LINK(クリパリンク)の竹田太志代表取締役が,デジタルファブリケーションの概要や製作の手順,イラスト作成ソフトの使い方について説明。受講者たちは,イラスト作成ソフトの使い方を一通り練習した後,思い思いにデザインを描きました。作成したデザインが,レーザーカッターで正確に切り取られていく様子を眺め,オリジナルな作品を手にしました。

また後半は,あらかじめレーザーカッターで加工した段ボールを切り抜いて,立体的な動物の製作に挑戦しました。

 

主任講師: 理工研究域電子情報通信学系教授 秋田純一
      株式会社C8LINK(クリパリンク)代表取締役 竹田太志
 会場 : 自然科学2号館1階2A122

  • 講師から説明を聞く受講者たち
  • レーザ-カッターで切り取る様子を見学
  • 受講者が製作した作品
  • 切り抜いた段ボールでウサギを製作
Pocket
LINEで送る