特別講演会「ホンジュラス-日本の二国間関係の展望とユネスコ事業について」を開催
Special Lecture “Honduras: Future of Honduras-Japan Relationship and UNESCO Projects” Takes Place

7月12日,人間社会研究域附属国際文化資源学研究センターは,特別講演会「ホンジュラス-日本の二国間関係の展望とユネスコ事業について」を開催しました。来学したエクトル・アレハンドロ・パルマ・セルナ駐日ホンジュラス共和国大使が講演し,講演後には参加者から積極的な質問がありました。

また,講演会に先立ち,セルナ大使は山崎光悦学長を表敬訪問。ホンジュラスの経済や高等教育などの現状,日本との交流についての懇談が行われました。

 

On July 12, H. E. Héctor Alejandro Palma Cerna, the Honduran Ambassador to Japan, visited Kanazawa University and delivered a special lecture hosted by KU Center for Cultural Resource Studies titled “Honduras: Future of Honduras-Japan Relationship and UNESCO Projects.” A very lively question and answer session followed.

Prior to the lecture, the Ambassador paid a courtesy visit to President Koetsu Yamazaki, and there were positive discussions about the current situation surrounding economy, higher education and other topics in Honduras and the exchanges with Japan.

Pocket
LINEで送る