公開講座「北陸で暮らすということ1~北陸地方の成り立ちとその風土~」を開講

5月12日,サテライト・プラザにて公開講座「北陸で暮らすということ1~北陸地方の成り立ちとその風土~」(全3回)を開講しました。

冒頭に環日本海域環境研究センターの長尾誠也教授から,大気・海洋・陸域・統合の環境研究領域から構成されるセンターの活動内容と,環境汚染に伴う環境変動に関する国際共同研究拠点としての位置付けが紹介されました。

続いて,環日本海域環境研究センターの塚脇真二教授の講義では日本海の味覚,生態系の特異性について日本列島と日本海の形成過程や地質学的特徴から解説があり,地球規模の気候変動の話題では,海面が今より10m上昇したら金沢はどうなるかを,参加者らと考えました。

 

講 師:環日本海域環境研究センター 教授 長尾誠也

    環日本海域環境研究センター 教授 塚脇真二

  • プレートのひずみを説明する塚脇教授
Pocket
LINEで送る