若者と地域の共創による起業イベント「INNOVA-EMOTION2018」を開催

2月24日,石川県立音楽堂で,「INNOVA-EMOTION2018」を開催し,高校生を含む石川県内外の学生や社会人など,約100名が参加しました。これは,本学が平成27年9月に採択された文部科学省「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+事業)」の一環として,県内学生を対象とした起業塾「いしかわ未来アカデミー」の開講と併せて,昨年度から開催しているものです。2回目となる今回は,アカデミー修了生だけでなく,東京の大学生も起業プレゼンに参加しました。

第1部では,先輩起業家で本学卒業生でもある,株式会社Nextremerの向井永浩代表取締役CEOと,ユニフォームネクスト株式会社の横井康孝代表取締役による特別対談の後,7名の学生が,石川の地域資源を生かした事業プランを発表しました。既に事業化され収益を上げている事業プランもあり,完成度の高い内容に,講評者からは高い評価と,多くのアドバイスが寄せられました。

第2部では,日本コカ・コーラ株式会社(本社:東京都渋谷区,代表取締役社長:ホルヘ・ガルドゥニョ)による女性の活躍支援プロジェクト「5by20(ファイブ・バイ・トゥウェンティ)」と連携したプログラムを実施しました。

イベントの最後には,学生と地域の有識者との交流会が行われ,起業を目指す学生は積極的に自分の事業プランをアピールしたり,アドバイスを求めたりするなど,有意義な交流の場となりました。

  • 学生による事業プレゼン
  • 開会あいさつをする山崎光悦学長(いしかわ学生定着推進協議会長)
  • 登壇者による集合写真
Pocket
LINEで送る