日本学術振興会賞受賞者が受賞を報告

(左から)向智里理事,米德教授,古寺准教授,山崎学長

理工研究域数物科学系の米德大輔教授と同研究域バイオAFM先端研究センターの古寺哲幸准教授が,第14回日本学術振興会賞を受賞しました。

2月14日,米德教授と古寺准教授は受賞報告のため山崎光悦学長を訪問。秋篠宮同妃両殿下にご臨席いただいた2月7日の授賞式の様子や,今後の展望などを報告しました。山崎学長からは本学の将来有望な若手研究者に向けて,さらなる激励の言葉が贈られました。

 

関連記事

Pocket
LINEで送る