学生支援プログラム「ストレスマネジメントとセルフケア」を開催

12月8日と15日の2日間,保健管理センターは,金沢大学創立五十周年記念館「角間の里」にて,学生支援プログラム「ストレスマネジメントとセルフケア」を開催し,両日合わせて,学生と教職員ら26名が参加しました。

参加した学生らは,保健管理センターの小笠原知子特任助教から,ストレスのメカニズムや心身への影響,その対処法などについて,最近注目されているマインドフルネスの説明を受けながら楽しく学びました。

プログラムでは,ストレスチェックに取り組んで自身のストレス耐性を把握したり,実際に自身の呼吸に注意を向け,緊張や不安を和らげる方法を体験したりしました。

なお,本プログラムは英語と日本語の両方で開催したため,多くの外国人留学生も参加しました。

Pocket
LINEで送る