公開講座「高校生から分かる法学・政治学の諸問題」を開講

6月28日,公開講座「高校生から分かる法学・政治学の諸問題」(全2回)を開講しました。この講座は,英米法,民事訴訟法,行政法,日本法制史の4分野から,最近話題になっているテーマをわかりやすく解説するというものです。

初めに,人間社会研究域法学系の名古道功教授からあいさつがあり,その後,東川浩二教授が,あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約について解説しました。言論の自由があると言われるなか,それでも許されない言論とは何かについて考え,差別表現ヘイト・スピーチに対する各国の規制を比較しました。続いて,同じく法学系の本間学准教授が民事訴訟と権利保護の実効性について解説し,裁判所と当事者の役割分担について考えました。

次回は,「市民生活における行政法」と題して法学系の長内祐樹准教授が,「加賀藩の災害と復興」については法学系の丸本由美子准教授が講義を行います。

 

講師:人間社会研究域法学系教授 東川浩二

   人間社会研究域法学系准教授 本間 学

Pocket
LINEで送る