ミニ講演「2008年ノーベル物理学賞:破れた対称性」が開催

12月21日,サテライト・プラザにてミニ講演「2008年ノーベル物理学賞:破れた対称性」が開催されました。

講師の数物科学類久保治輔教授は,南部陽一郎,益川敏英,小林誠の3氏が2008年のノーベル物理学賞を受賞したことを記念して,物理学において最も重要な概念の一つである対称性とその破れについて一般の方々を対象に解説しました。

また,数物科学類青木健一教授から,益川,小林両氏の人柄に関するエピソードなども披露され,80余名の参加者は受賞者の功績に対する理解を深めていました。

Pocket
LINEで送る