公開講座「養生・衛生書のあゆみ(1)古代篇」を実施

6月12日,サテライト・プラザにて公開講座「養生・衛生書のあゆみ(1)古代篇」を実施しました。

本学の国際基幹教育院外国語教育系の趙菁教授から開講主旨の説明があり,茨城大学の瀧澤利行教授が東洋の養生思想の歴史と日本における養生論の特徴を解説しました。その後,趙教授が「黄帝内経」の読解と古代中国の人間観・文化観の紹介を行い,受講生らは八段錦(はちだんきん)体操と中国の伝統医学のビデオ視聴を行いました。引き続き,嵆康(けいこう)著の「養生論」の講読・解説があり,最後に瀧澤教授による律令国家形成期における医療の説明で講座は締めくくられました。

講師: 金沢大学国際基幹教育院外国語教育系 教授 趙 菁 
     茨城大学教育学部 教授 瀧澤 利行 

  • 八段錦体操を行う受講生ら
  • 「養生論」の講読・解説を行う本学国際基幹教育院の趙教授
  • 東洋の養生思想の歴史などについて講義を行った茨城大学の瀧澤教授
Pocket
LINEで送る