「地方の国際化と活性化を推進する留学生キャリア形成・地域定着促進プロジェクト」シンポジウムを実施

5月30日,文部科学省「大学の国際化促進フォーラム」事業の採択プロジェクトとして,本学が推進している「地方の国際化と活性化を推進する留学生キャリア形成・地域定着促進プロジェクト」のシンポジウムをオンラインで実施し,大学,企業,自治体等の関係者計121名が参加しました。

シンポジウムでは,本学の志村恵副学長(国際担当)による開会あいさつの後,静岡大学国際連携推進機構のライアン優子准教授が外国人留学生における取組事例を紹介しました。その後,本学国際機構の深川美帆准教授と信州大学グローバル化推進センターの佐藤友則教授による日本語教育の現状等に関する共同講演がありました。続いて,本学融合研究域の松島大輔教授が地域定着のためのキーファクターの取り組みについて基調講演を行いました。閉会時には富山大学の池田真行理事・副学長(国際担当,国際機構長)にあいさつをいただき,大盛況のうちに閉幕しました。

本シンポジウムを通して,留学⽣のキャリア形成・地域定着について情報発信するとともに,本プロジェクトの取り組みおよび今後の展開について理解する大変良い機会となりました。

 

シンポジウム当日の動画の視聴はコチラ
 地域の国際化と活性化を推進する 留学生キャリア形成・地域定着促進プロジェクトについてはコチラ
 文部科学省「大学の国際化促進フォーラム」についてはコチラ

  • 留学生キャリア形成・地域定着促進プロジェクトのWebサイト
  • 共同講演を行った本学の深川准教授(左)と信州大学の佐藤教授(右)
Pocket
LINEで送る