公開講座「歩いて学ぼう!岩石学シリーズ(1)金沢駅編」を実施

4月24日,公開講座「歩いて学ぼう!岩石学シリーズ(1)金沢駅編」を実施しました。受講者20名は講師と共に,金沢駅前エリアを中心に2時間のフィールドワークを行いました。

冒頭に,講師の森下教授は,「『岩石』とはなにか」と受講者に問いかけたうえで,結晶の仕組みについて解説しました。その後,受講者らは金沢駅前エリアのビルや構造物を回り,壁面などに使用されている石材を結晶の並び方や硬さに注目しながら見学しました。受講者からは積極的に疑問や推論の声が挙がり,それぞれの岩石が形成された環境や過程について想像を膨らませました。

講座後,受講者からは「岩石に注目しながら街を見るようになった」「人間も一部岩石と同じ成分で組成されているので,地球規模では人間も岩石も同じなのかもしれないと考えた」などの感想があり,科学的考察に想像を交えながら,岩石に秘められた未知のストーリーに思いを馳せる様子がうかがえました。

 

講師:理工研究域地球社会基盤学系 教授 森下 知晃

金沢大学公開講座およびミニ講演の詳細・申し込みについてはコチラ

  • 岩石の成り立ちについて解説する森下教授
  • 左右の壁面の状態の違いを比較する受講者ら
  • 受講者一人一人の質問も皆で考察
Pocket
LINEで送る