【学長メッセージ】ウクライナからの研究者の受入れ 及び ウクライナ等の留学者・研究者支援のための基金の設置について

ロシアによるウクライナ侵攻によって生じた現在のウクライナでの危機的状況を受け,金沢大学では,このたび,研究の場を安全に確保することができなくなったウクライナの研究者を受け入れることとしました。金沢大学におけるこれまでのウクライナとの交流の実績等を踏まえ,ウクライナの大学において公募を行ったうえで研究者の受け入れを行い,必要な経済的な支援もあわせて実施します。

あわせて,本学では,現在のウクライナをはじめとする国際的に困難な状況にある国に関連する本学の留学生・外国人研究者等を支援するための基金を設置いたしました。同基金により,経済的に困難な状況にある留学生や外国人研究者への支援を行っていく考えです。皆さまからの温かいご支援,ご協力をお願いいたします。

 

「ウクライナ等海外緊急支援基金」
 困難な状況にある留学生・外国人研究者等を支援する募金のお願い

 

金沢大学としては,今後もウクライナをはじめ国際的に困難な状況にある国の学生や研究者に対し,安全な教育・研究活動等の場を確保するため,こうした取組みを通じて,必要な支援を行ってまいります。

金沢大学長 和田 隆志

 

Pocket
LINEで送る