令和3年度「功労表彰式」を挙行

3月18日,功労表彰の表彰式を挙行し,山崎光悦学長から受賞者に賞状と記念品が授与されるとともに,今後のさらなる活躍に向けた激励の言葉が贈られました。

功労表彰は,特に顕著な功績を挙げ,社会的に⾼い評価を受けた教育・研究・医療活動を表彰するもので,理⼯研究域数物科学系の野津裕史教授と理⼯研究域生命理工学系の髙橋憲司教授の2名が受賞しました。

 

【功労表彰者の各研究活動など】

• 野津 裕史 教授
「令和2年度 戦略的創造研究推進事業(CREST)」の「数学・数理科学と情報科学の連携・融合による情報活用基盤の創出と社会課題解決に向けた展開」研究領域において,課題名「力学系理論に基づく物理リザバー計算能力の強化」に採択され,研究推進に尽力。

• 髙橋 憲司 教授 
「令和3年度 研究成果展開事業 共創の場形成支援プログラム(共創分野・本格型)(COI-NEXT)」に採択され,「再生可能多糖類植物由来プラスチックによる資源循環社会共創拠点」の形成・連携促進に尽⼒。

Pocket
LINEで送る