公開講座「がん研究の最前線」を開講

5月17日,公開講座「がん研究の最前線」(全6回)を開講しました。

第1回目は,がん進展制御研究所が現在推進している研究についての説明から始まり,同研究所の平尾敦教授が「がんと幹細胞」をテーマに,昨今遺伝子解析が進む中で,白血病等を治療する分子標的治療薬の一つである夢の抗がん剤グリベックについての期待と問題点について解説しました。

受講者は本学のがん研究のめざましい発展について説明を受け,熱心に聞き入っていました。

主任講師:がん進展制御研究所教授 大島正伸
会場:サテライト・プラザ

Pocket
LINEで送る