附属病院に夜間保育室「きらきらぼし」を設置

附属病院では,職員が安心して働くための職場環境整備及び仕事と育児の両立支援を推進するため,2012年12月28日から「夜間保育室」(愛称:きらきらぼし)を設置しました。
病院敷地内には社会福祉法人すぎなの会が運営する「つくしんぼ保育園」があり,2008年9月からは,子どもが病気で登園,登校ができない場合に保護者に代わって看護・保育する施設として病児保育施設「たんぽぽルーム」を病棟内に設置しています。
さらに今回,夜間保育室を設置することにより,医師や看護師の夜間勤務に対する育児支援が充実し,職場環境が一層整備されました。

Pocket
LINEで送る