金沢大学あざみ色朗読隊が「5時限目のじかん」を開催

7月1日,金沢海みらい図書館1F交流ホールにて「金沢大学ZERO-Journey」“5時限目のじかん”を開催しました。

「金沢大学ZERO-Journey」は,金沢海みらい図書館と金沢大学地域連携推進センターが協働で,一般市民向けのイベントを開催するプロジェクト。文化・芸術の発信を通じて市民と学生のさらなる交流を図るとともに,金沢海みらい図書館を,市民と学生が触れ合うことのできる文化交流拠点とすることを目指し活動しています。

7回目のイベントとなる今回は,地域連携推進センター学生プロジェクト「金沢大学放送局web-KURS」のアナウンス部で構成される「金沢大学あざみ色朗読隊」が,“5時限目のじかん”と題して小学1年から6年までの国語の教科書に掲載されている作品の朗読を行いました。朗読会は授業のチャイムで始まり,『モチモチの木』『生きる』など,小学1年で学習する作品から順に7作品を朗読。小さな子どもたちから年配の方まで約30名が,国語の時間を楽しみました。

Pocket
LINEで送る