トビタテ!留学JAPAN第6期合格者数,金沢大学が国立大学で第2位!

2月10日,平成29年度官民協働海外留学支援制度(トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム)第6期派遣留学生の選考結果が発表され,本学からは24名が合格しました。また,併せて発表された大学別の合格学生数では,九州大学(28名),早稲田大学(25名)に続く第3位,国立大学としては第2位となりました。

トビタテ!留学JAPANは,民間企業などからの支援により,将来世界で活躍できるグローバル人材育成を目的とした留学促進キャンペーン。同プログラムの選考に合格した学生は,事前研修・事後研修に参加することができ,留学中も手厚い奨学金,渡航費,研修参加費,授業料等の支援を受けることができます。

第6期は228校から1,336名の応募があり,選考の結果,138校の507名が合格。2017年4月1日~10月31日までの間に留学を開始します。

【参考・文部科学省Webサイト】平成29年度官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~第6期派遣留学生の選考結果と壮行会及び支援企業・団体について

 

Pocket
LINEで送る