HOKURIKU WOMEN RESEARCHERS’ NETWORK(HWRN)シンポジウム ~産学連携によるダイバーシティ推進~ を開催

12月19日,「Hokuriku Women Researchers’ Network(HWRN)シンポジウム」を自然科学大講義棟で開催し,教職員,学生,市民ら約80名が参加しました。

本学は北陸地域の高等教育機関,公設試験研究所,企業等からなる,北陸初の女性研究者ネットワーク「Hokuriku Women Researchers’ Network(HWRN)」を構築し,これまで本学で実施してきた女性研究者支援の取り組みを北陸地域へ普及,拡大することにより,地域全体での女性研究者・技術者の支援を行っています。

シンポジウム前半では,山崎光悦学長による開会あいさつの後,来賓の文部科学省科学技術・学術政策局人材政策課人材政策推進室基礎人材推進係長の高橋耕輔氏からあいさつがありました。続いて,女性研究者の優れた成果をたたえるために本学が設けた制度「中村賞(金沢大学女性研究者賞)」の第4回授与式を挙行し,女性研究者賞を受賞した医薬保健研究域薬学系の木村和子教授,女性研究者奨励賞を受賞した人間社会研究域学校教育系の本所恵准教授と新学術創生研究機構の稲葉有香助教による受賞講演を行いました。

シンポジウム後半では,女性研究者奨励賞を受賞したYKK株式会社工機技術本部基盤技術開発部シニアエンジニアの見角裕子氏による基調講演が行われ,参加者らは産学連携によるダイバーシティ推進について理解を深めました。

詳細はこちら
 

 

 

  • 中村賞の受賞者ら(写真手前左から本所准教授,木村教授,見角氏,稲葉助教,写真奥左から山崎学長,中村前学長)
  • 基調講演を行うYKK株式会社見角裕子氏
Pocket
LINEで送る