医薬科学類

教育課程編成方針(カリキュラム・ポリシー)

 医薬科学類では,学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる学修成果を達成するため,各々に対応する科目群を設定するとともに,医薬共通の基礎から各コースの深い専門性をシームレスに学べるよう,階層化した教育課程を編成し,実施します。

【科目群の概要】

 学域GS科目:学域に共通した学びの核となる基礎科目

 学域GS言語科目:学域に共通した学びの核となる基礎的な言語科目

 専門基礎科目:医学と薬学の基礎的知識を修得するための科目

 専門共通科目:世界をリードする研究者に求められる研究マインド,倫理観,国際性を修得するための科目

 コース専門科目:各コースで研究を遂行するために必要な専門的知識を修得するための科目

 課題研究科目:各コースで研究を遂行するために必要なスキルを修得するための科目

【教育課程の概要】

 医薬科学類で養成する人材には,医学・薬学双方の基礎的知識を身につけ,医薬科学の基盤を形成した上で,“基礎医学・生命医科学”または“基礎薬学・創薬科学”に専門性を分化し,深化させるとともに,各分野の最先端の知識・スキルを身につけることが重要である。また,“先端的な医薬科学研究を世界レベルで展開する”ために,入学後の早い時期から研究マインド・倫理観を醸成するとともに,国際的な感性・素養や語学力を身につけることも不可欠である。編成された教育課程は以下のとおりである。

 1)1年次における医薬科学基盤科目の履修

 2)コース配属後の各コース専門科目とコース横断選択科目の履修

 3)早期から段階的に研究マインド・倫理観や国際性を醸成する科目の履修

 4)研究活動に必要な実験技術・知識・スキルを身につける科目の履修