日本分子生物学会第11回春季シンポジウム 金沢国際がん生物学シンポジウム 市民公開講座


2011年4月24日に開催致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。
ご参加頂きました皆様、関係各位の皆様に厚く御礼申し上げます。

市民公開講座ポスター
 分子生物学は、DNAの二重らせん構造解明を出発として、様々な生命現象を分子レベルで解明する学問領域です。不思議な現象、思いがけない現象が、分子生物学で語られる時代になりつつあります。生物学はもとより、医学、薬学、理学、工学、農学など広く生命科学分野で発展しています。本講座では、分子生物学と美術・アートというテーマで、お二人の講師にお話をしていただきます。身近なところから分子生物学の楽しさ、面白さを実感してもらい、最先端の科学に触れていただきたいと思います。理系進学を目指す高校生の皆さん、是非、サイエンスを楽しんでください。
市民公開講座 開催概要
日時 2011年4月24日(日)午後2:00-4:30
会場 金沢21世紀美術館 シアター21
定員 150名
演者 小出 五郎 氏:科学ジャーナリスト・元NHK解説委員
「名画に見るこころとからだ―科学者の目、芸術家の目―」
近藤 滋 氏:大阪大学大学院生命機能研究科・教授
「波が作る生物の模様と形 ―生物と数学の不思議な関係― 」
司会 岩見 雅史(金沢大学理工研究域自然システム学系・教授)
コーディネーター 善岡 克次(金沢大学がん進展制御研究所・教授)
参加申し込み方法 参加費:無料
事前参加登録必要
Web、携帯電話から申し込みを受付中(下記参照)
参加申し込み期間 2011年2月14日(月)-4月14日(木) 4月21日(木)
満席になり次第締め切らせていただきます。

Designed by CSS.Design Sample