日本分子生物学会第11回春季シンポジウム 金沢国際がん生物学シンポジウム ご挨拶

 日本分子生物学会第11回春季シンポジウム「分子生物学の明日−金沢シンフォニー」を新緑の金沢で開催いたします。我が国のトップサイエンティストの方々にお集まりいただき、魅力あるセッションを組みました。場所は、オーケストラ・アンサンブル金沢の本拠地、石川県立音楽堂です。 様々な分野の研究者が奏でるシンフォニーをお楽しみください。


 本シンポジウムのねらいは、老いも若きも、広く分子生物学に関わる皆さんに北陸の地にお集まりいただき、交流を深めていただくことです。そのため、ひとつの領域に偏ることなく、できるだけ広くテーマを設定し、それぞれの分野の最先端でご活躍されている研究者の方々に講演をお願いしました。また、その準備には、金沢大学がん進展制御研究所を中心に、理学、工学、薬学、医学系の多くの先生方にご協力いただきました。周辺の学部学生、大学院生などを巻き込み、分子生物学を支える研究者が活発に交流できる場となれば幸いです。


 今回のシンポジウムでは、金沢大学がん進展制御研究所が主催する金沢国際がん生物学シンポジウムを組み入れ、海外からの研究者をお招きし、International Sessionとしてがん生物学の話題を提供します。関係各位の承諾を得て、日本分子生物学会と金沢大学との共催という形で開催させていただきたくことといたしました。参加して決して損はしない、という企画にいたしますので、全国から多くの方の来訪をお待ちしております。金沢観光と一緒にお楽しみください。


日本分子生物学会第11回春季シンポジウム世話人
平尾 敦(金沢大学がん進展制御研究所・教授)

Designed by CSS.Design Sample