鈴木大拙・西田幾多郎記念 金沢大学国際賞 趣意書

趣意書

English

 鈴木大拙と西田幾多郎は近代日本を代表する哲学者・思想家です。鈴木大拙は禅を中心とした東洋思想を世界に広めることに大きく貢献するとともに,「霊性の自覚」を仏教の核心ととらえ,それを探求し続けました。西田幾多郎は西田哲学とよばれる独創的な哲学体系を確立し,京都学派に代表される多くの研究者を育てました。西田幾多郎は1940年に,鈴木大拙は1949年に,それぞれ文化勲章を受章しています。

 鈴木大拙と西田幾多郎は,いずれも石川県に生まれ育ち,第四高等学校の前身である第四高等中学校に学びました。金沢という学都がもつ希有なる思想文化の風土が二人をはぐくんだとも言えるでしょう。西田幾多郎は1899年に第四高等学校の教授に任じられ,およそ10年にわたって教鞭を執りました。金沢大学の前身校の一つが第四高等学校で,四高同窓会は金沢大学学友会に統合され,今日に至っています。

 本国際賞は,金沢大学にゆかりをもつ鈴木大拙と西田幾多郎に因み,臼井溢氏(昭和39年金沢大学医学部卒業)のご篤志を原資として設けられました。本国際賞の目的は,哲学・思想・宗教を中心とする分野で,国際的に卓越した業績を挙げた研究者を顕彰し,これにより,当該分野の研究の一層の進展を促すとともに,次代を担う若手研究者に対して大きな学問的刺激を与えることです。

 関係機関・団体ならびに各位には,本国際賞の趣旨をご理解いただき,ご協力賜りますよう,お願い申し上げます。