第1回 University Developmentシンポジウム「大学職員3.0 キャリアの振り返りから探る大学の今後10年」


登録日:2018/11/9   一般参加OK
開催日(開催期間) 2018年12月22日(土) 11:00 - 18:00
開催場所 金沢商工会議所 1Fホール(金沢市尾山町9-13)
募集対象 私立,国公立を問わず,大学改革の現場に携わる教職員
募集人数 50名
イベント内容
日 時:2018年12月22日(土)11時~18時
場 所:金沢商工会議所 1Fホール
    (http://www.kanazawa-cci.or.jp/rooms/access.html
主 催:金沢大学国際基幹教育院高等教育開発・支援部門

モデレーター:嶌田 敏行氏(茨城大学 全学教育機構 総合教育企画部門 准教授)
      :上畠 洋佑氏(愛媛大学 教育・学生支援機構教育企画室 特任助教)

モデレーター:冨永 良史氏(発創デザイン研究室・福井大学 非常勤講師)

シンポジスト:姉川 恭子氏(早稲田大学 大学総合研究センター 講師)
      :鎌田 康裕氏(福井大学 事務局 総合戦略部門研究推進課 主査)
      :宮林 常崇氏(首都大学東京 管理部 URA室長)
      :松村 典彦氏(金沢大学 スーパーグローバル大学企画・推進室 専門職員)

対 象:私立,国公立を問わず,大学改革の現場に携わる教職員で全日参加が可能な方

趣 旨:
 過去10年間,日本の大学は改革の渦に巻き込まれ,教職員はキャリアの上でも大きな変化を経験してきました。また,今後,少子化に伴う大学再編が本格化してきます。そこで,本シンポジウムでは,これまで大学の改革現場で活躍してこられた参加者の方々に,この10年間の経験を振り返っていただいた後,今後10年間で必要とされる能力,また,それを獲得するための方策について議論する機会を設けます。

・シンポジウム内容と手法
 組織,立場,仕事内容の異なる多様な参加者がいくつかの話題提供を触発する源として大学改革のこれまでをこれからを小グループで対話し,これから必要な対策,能力,その獲得について考える。対話は,グループをシャッフルすることで多様性の混ざり合いから視野の広がり深まりを意図する。

プログラム
 10:30-11:00 受付
 11:00-11:05 開会の挨拶
 11:05-11:10 シンポジウム趣旨説明
 11:10-11:30 アイスブレイク
 11:30-11:50 シンポジスト4名の自己紹介,モデレーターからの質疑
 11:50-12:00 休憩
 12:00-13:00 ワールドカフェ1
         「大学を取り巻くこれまでの環境変化と自分の仕事」
 13:00-14:00 お昼(希望者にはお弁当を注文)
 14:00-15:00 シンポジスト4名から今後の大学についての話題提供,
          モデレーターから質問,会場とのやり取り
 15:00-15:15 休憩
 15:15-16:15 ワールドカフェ2
         「これから起きる変化とその乗り越え方」
 16:15-16:30 休憩
 16:30-17:00 ワールドカフェ3
         「これから必要な能力とその身につけ方」
 17:00-17:30 全体シェア
 17:30     閉会の挨拶
 18:00     情報交換会(希望者のみ)

参加費:無料

申し込み:下記,専用申し込みフォームよりお申し込みください。
 【専用申し込みフォーム】https://ws.formzu.net/dist/S24945534/
  氏名・所属・職名・メールアドレス・昼食希望の有無・懇親会参加の有無を明記

定員:50名(先着順 定員になり次第締め切り)

参加者は,12月7日(金)までに,過去10年間の振り返り(直面した困難,切り抜けた経験),今後10年間に必要されると考える能力の2点について,A4,1枚にまとめて下記メールアドレスまでご提出ください。(形式自由)
 【提出先アドレス】fdsdkyoten@adm.kanazawa-u.ac.jp
参加費用 無料
参加方法 専用申し込みフォームよりお申し込みください。
申込受付期間 2018年11月9日(金)~ 2018年11月30日(金)
関連リンク http://herd.w3.kanazawa-u.ac.jp/
お問い合わせ先
金沢大学国際基幹教育院高等教育開発・支援系/部門【E-mail】fdsdkyoten@adm.kanazawa-u.ac.jp