研究データ管理(RDM)説明会


登録日:2018/8/28   一般参加OK
開催日(開催期間) 2018年8月30日(木) 13:00 - 15:30
開催場所 自然科学系図書館棟 1階 大会議室
募集対象
募集人数
イベント内容
1.日 時 :平成30年8月30日(木) 13:30~15:30(受付13:00~)

2.場 所 :自然科学系図書館棟 1階 大会議室
    
3.講 師 :込山悠介 先生
       国立情報学研究所コンテンツ科学研究系/
       オープンサイエンス基盤研究センター・助教

4.対象者 :研究者,情報基盤関係者,図書館関係者,
       研究推進部門関係者

5.プログラム :
 ●研究データ管理の必要性について
 ●海外大学の研究データ管理・公開サポート例
 ●研究データ基盤について
  ・検索基盤
  ・管理基盤
  ・公開基盤
 ●研究データ基盤の整備計画について
 ●研究データ管理基盤評価試験について
 ●研究データ基盤デモ
 ●質疑応答

6.概 要 :
 近年,論⽂だけではなく関連する研究データやソフトウェアなども社会的に広く,公開・共有するオープンサイエンスの取り組みが活発化しています。
研究成果の再利⽤性を高めることで研究の効率化をはかるとともに,研究成果の質や透明性など研究公正の担保にもつながります。
こうしたオープンサイエンスの有効性を具体化するためには,研究者による⽇々の研究データや成果などの管理が必要になってきます。
国⽴情報学研究所では,政府のガイドラインや学術機関からの要請を受けて,研究活動中に生成されるさまざまなファイルを管理・公開・検索する基盤を整備することを通じて,全国の大学や研究機関と共に,日本のオープンサイエンスの展開に貢献しているところです。
本説明会では,研究プロジェクト実施中に,研究者や研究グループ,研究推進・支援部門(URA),図書館関係者が,論文に関連した研究データや資料を管理するための基盤について中心に説明いたします。

7.申し込み :参加自由。当日参加も可能。
        ※参加人数把握のため,8月29日(水)までに次のURLより
         参加申し込みを行ってください。
        https://ws.formzu.net/dist/S26498615/
参加費用
参加方法
申込受付期間 2018年8月6日(月)~ 2018年8月29日(水)
関連リンク
添付ファイル
お問い合わせ先
金沢大学総合メディア基盤センター【E-mail】imc-seminar@ml.kanazawa-u.ac.jp