第1回北信がんプロ合同市民公開講座「がんになって考える?がんになる前に考える?」


登録日:2017/10/12   一般参加OK
開催日(開催期間) 2017年10月29日(日) 14:00 - 16:15
開催場所 金沢大学宝町キャンパス十全講堂
募集対象
募集人数 500名
イベント内容
超少子高齢化地域での先進的がん医療人養成(北信がんプロ)では,2期の北陸がんプロ(金沢大,富山大,福井大,金沢医大,石川看護大)の実績を踏まえ,先駆的ゲノム医療を実施し,平成7年に全国初の遺伝子診療部を設立した信州大を加えた国公私立の6大学で,県の枠を超えた北信地域での戦略的がん医療人育成システム構築を目指します。

がんプロ事業の一つとして,教育,研究の成果を社会に還元すること,また,がんの予防,早期発見,早期治療,早期社会復帰などがん対策,がん教育に対する啓蒙活動を行うことが柱の一つとなっており,今回の合同市民公開講座においても,連携各大学の最先端のがん医療について紹介いただきます。以下,合同市民公開講座の内容です。


<開会挨拶> 山崎 光悦(金沢大学長)

● 第1部
 北信がんプロってなんだ?
 座長 小泉 知展(信州大学包括的がん治療学教授)
 演者 矢野 聖二(金沢大学附属病院がんセンター教授,北信がんプロ統括コーディネーター)
        
● 第2部
 最新のがんの診断や治療を理解しよう!
 座長 片山 寛次(福井大学がん診療推進センター教授)
    岩城 直子(石川県立看護大学成人看護学准教授)

講演1:「がんの薬物療法ってどんな意味があるの?」
 元雄 良治(金沢医科大学腫瘍内科学教授)

講演2:「免疫チェックポイント阻害薬ってどんな薬?」
 林  龍二(富山大学附属病院臨床腫瘍部教授)

講演3:「必ず受けよう がん検診!」
 加藤 駿一(金沢大学医学類2年)
 田中 大貴(金沢大学医学類5年)

●第3部
 特別講演『大切な人の「想い」とともに』
        ~112日間のママ~
 座長 蒲田 敏文(金沢大学附属病院長)
    和田 真由美(萌の会 代表)
 演者 清水  健(元読売テレビキャスター)

<閉会挨拶> 大竹 茂樹(金沢大学理事)

参加費用 無料
参加方法 下記【関連リンク(予約申し込みフォーム)】または,はがき・FAX・Eメールにてお申し込みください。
申込受付期間 2017年10月4日(水)~ 2017年10月17日(火)
関連リンク http://gan-pro.net/news/20170915.html
お問い合わせ先
超少子高齢化地域での先進的がん医療人養成(北信がんプロ事務局)【Tel】(076)265-2854,234-4205【Email】gpro@med.kanazawa-u.ac.jp