第2回金沢言語学フォーラム


登録日:2021/3/3   学内のみ
開催日(開催期間) 2021年3月12日(金) 13:00 - 18:00
開催場所 オンライン(Zoom)
募集対象
募集人数
イベント内容
このたび,言語研究グループでは,下記のとおり第2回金沢言語学フォーラムを開催いたします。
皆様のご参加を⼼よりお待ち申し上げます。

【内容案内】
本研究会では研究グループの教員による言語学に関する研究発表に
加えて,他研究機関からお招きした研究者の方の講演会を開催して
おります。今回は国立国語研究所のプラシャント・パルデシ先生を
お招きし,長年取り組んでいらっしゃる類型論的研究の一端をご講演
いただきます。

【プログラム】
13:00 開会 

13:05~14:35 講演
プラシャント・パルデシ先生(国立国語研究所 理論・対照研究領域)
 「有対動詞の類型論:使役交替言語地図(WATP)から見えてくるもの」

   (休憩 15分)

14:50~18:00 研究発表セッション 
渋谷良方 (金沢大学歴史言語文化学系)
  "Register variation in English comparatives: a corpus-based
diachronic study“
山田美紀 (金沢大学人間社会環境研究科)
 「ever を含む疑問文の種類と特徴」
堀田優子 (金沢大学歴史言語文化学系)
 「構文構築と事態認知:英語構文を例に」

   (休憩 10分)

入江浩司(金沢大学歴史言語文化学系)
 「アイスランド語の非人称受動進行形について」
菅沼健太郎 (金沢大学歴史言語文化学系)
 「チュルク諸語内の音韻規則の含意関係に関する予備的考察」
新田哲夫 (金沢大学歴史言語文化学系)
 「南琉球多良間方言のアクセントの特徴」

18:00 閉会

主催:金沢大学人間社会研究域ボトムアップ型研究課題グループ
「言語における構造と意味の結びつきの体系と,その変異をめぐる
記述的・理論的研究」

※ 参加申し込み
3/11(木)までに,以下のURL上で申し込みください。
 https://forms.gle/PGAUauU8VR7sdmcL6
研究会前日に,Zoom のURL情報をメールにて送らせていただきます。

問い合わせ先:菅沼健太郎 【e-mail】 suganumak@staff.kanazawa-u.ac.jp
研究グループ代表者:入江浩司 【e-mail】iriek@staff.kanazawa-u.ac.jp
参加費用 無料
参加方法 参加自由(事前申し込み必要)
申込受付期間 2021年3月2日(火)~ 2021年3月11日(木)
関連リンク
添付ファイル
お問い合わせ先
菅沼 健太郎 【e-mail】suganumak@staff.kanazawa-u.ac.jp