第3回金沢大学高大接続ラウンドテーブル

第3回 開催要項

 1. 目的

 新しい時代を生きる高校生・大学生が直面する社会は,仮想空間と現実空間を高度に融合させたシステムにより,経済発展と社会的課題の解決を両立する,人間中心の社会「Society 5.0」となると予想されています。協働と共創によってイノベーションを起こす学びの実現に向け,高校教育と大学教育,高校と大学の接続のそれぞれにおいて一体的に改革していくことが現在強く求められています。高校では探究的な学びをより一層深めることが求められ,大学では高校教育の成果を適切に評価する入試制度の創造や高校での探究的な学びを大学での研究に向けスムーズ,確実につないでいく教育改革が不可欠になっています。

これまで本学では,平成30年2月に「〈探究〉と〈研究〉を結ぶ入試をデザインする」をテーマに,9月には「自らの探究を省察する~探究の問いの質を高める~」をテーマに2回金沢大学高大接続ラウンドテーブルを開催してまいりましたが,今回はKUGS高大接続プログラムの一環として金沢大学高大接続ラウンドテーブル(テーマ「自分と社会をつなぐ探究~社会の課題を“自分ごと”にするには?!~」)を開催いたします。

探究的な学びに取り組んできた高校生,本学等で自己の課題を見つけアクティブに活動・研究している大学生・大学院生等が,高校教員,大学教員,社会人等の多様なメンバーと一つのテーブルを囲み, それぞれの取り組みや学びのプロセスを報告し,共有し合います。そして,同グループで実際に探究活動も行います。これらの機会を通じて,「自分と社会をつなぐ探究とは何か」「社会の課題を“自分ごと”にするにはどうしたらよいか」等について互いに考えを深め合い,参加者が自らの力量形成を図ることを目指します。このような学びあいを通して,様々な立場の人々が協働して「学びの転換」を推進していく基盤づくり,ネットワークづくりを図ります。併せて,それらの知見をもとに高大接続研究のより一層の充実を図ります。

ダウンロード
ポスター[PDF]
実施要項[PDF]

2.主催 

金沢大学高大接続コア・センター

3.日時

令和元年9月8日 9:30 ~ 16:45

4. 会場

金沢大学角間キャンパス自然科学大講義棟大講義室A・B
石川県金沢市角間町

アクセス

金沢駅兼六園口(東口)よりバス(3,8~10番乗場)にて約30分~40分 金沢大学自然研バス停 下車

5.テーマ

「自分と社会をつなぐ探究~社会の課題を“自分ごと”にするには?!~」

6.日程

  9:00~       受付
  9:30~10:00    開会挨拶・オープニングセッション(全体でのウォーミングアップ)
10:00~10:20  班別自己紹介
10:20~11:00  実践報告(高校生)とディスカッション
11:00~11:40  実践報告(学生・院生など)とディスカッション
11:40~12:20  実践報告(高校生)とディスカッション
12:20~12:30  午後の探究活動の説明
12:30~13:30  昼食
13:30~15:15  グループ探究活動  テーマ「自分と社会をつなぐ探究~社会の課題を“自分ごと”にするには?!」
15:15~15:30  休憩
15:30~16:15  クロスセッション
16:15~16:45  クロージングセッション
16:45       閉会挨拶

7.  募集定員

高校生  40名程度  大学生,大学院生,留学生,中学生  20名程度
高校教員,大学教員,社会人,その他  計60名程度
(高校生,大学生,大学院生,留学生,中学生等には自身の探究的な学びについて20分から30分で報告・発表していただきます)