英語能力試験 受験奨励奨学金

令和4年度の実施が決定しました。

申請前に募集要項の内容を必ず確認してください。

申請受付期間は,令和4年10月3日(月)から令和5年1月20日(金)までです。

また,受験奨励奨学金申請書の様式に変更がありますので,必ず令和4年度用の様式を使用してください。

趣旨・目的

 本学は,グローバル人材育成に資するため学生の英語能力の向上及び留学の意識付けの機会として学生の英語能力試験受験を強く推奨しており,英語能力試験において特に優秀な成績を修めた学生に対して,申請資格基準に基づく奨学金又は奨励金を給付します。

申請資格

 学域,総合教育部,大学院及び別科に在籍する正規生で,令和4年1月から12月の1年間に受験した英語能力試験において,別に定める基準を超えるスコア・成績を得た者を対象とします。

 申請対象は本学在学中に受験した英語能力試験のスコア・成績のみとし,本学入学前に受験した英語能力試験のスコア・成績は申請対象外とします。

なお,以下に該当する学生は申請できません。

  1. 外国の国籍を有する者(ただし,日本国の永住許可を得ている者を除く)
  2. 学類学生において「帰国生徒選抜」により入学した者
  3. 申請時において当該年度末までの退学の意思が明らかな者
  4. 申請時において休学している者及び申請日以降の当該年度中を開始日とする休学届を既に提出している者
  5. 学則第70条又は大学院学則第41条の規定による懲戒を受けた者
  6. 学校教育法に定めのある学校において英語の教育を職としている者

基準スコア・成績

検定試験名 奨学金部門 奨励金部門

TOEIC公開テスト・TOEIC-IP(公開)

※TOEIC-IP(オンライン)は対象外

900点以上 760点以上
TOEFL-iBT 100点以上 80点以上
TOEFL-ITP 600点以上 550点以上
IELTS 7.0以上 6.0以上
実用英語技能検定 1級 準1級
その他の英語検定試験 上記と同等以上相当のスコア

給付額

検定試験等 奨学金部門 奨励金部門

TOEIC, 実用英語検定,TOEFL-ITP

(受験料が1万円以内の検定試験)

5万円

3千円

IELTSTOEFL-iBT

(受験料が1万円を超える検定試験)

1万円

※ただし,多数の申請者があった場合,給付額を減額する場合があります。

 

申請方法

以下の書類を提出先メールアドレスに1通のメールで送信してください。

・必要書類

  1. 令和4年度 英語能力試験 受験奨励奨学金 申請書
  2. 英語能力試験の認定証の写し

 ※英語能力試験の認定証の写しの注意

・認定証が紙の場合

試験実施団体が発行した認定証を,撮影又はスキャンを行い,JPEG形式又はPDF形式で保存したファイルとします。

・認定証が紙以外の場合

試験実施団体からダウンロードした認定証のファイルとします。

 ※奨学金部門の給付は,授業料振替預金口座への振込みにより行います。

  奨学金部門の申請者で授業料振替預金口座を未登録の学生は手続書類を担当まで取りに来てください。

本学独自奨学金,TA・RAの手当,コロナ禍緊急学生貸付金,その他謝金等の受け取りのため,本学に別の預金口座を登録済みの場合でも,振込先は授業料振替預金口座とします。

申請受付期間: 令和4年10月3日(月)から令和5年1月20日(金)まで

・提出先メールアドレス:answer_g@adm.kanazawa-u.ac.jp

 ※メールの件名を「学籍番号 氏名 申請部門名申請」として送信してください。

  例: 2251019999 角間太郎 奨学金部門申請
 

Q&A

Q1.   過去に奨励金を受給しました。今年度の申請資格はありますか?
A1.   昨年度以前の奨励金の給付対象者は,今年度の奨学金部門又は奨励金部門への申請が可能です。
     
Q2.  

奨学金部門(TOEIC 900点)と奨励金部門(IELTS 6.5)の2部門で基準スコアを充足した場合は,両方の部門に申請が可能ですか?

A2.  

奨学金部門のみを申請対象とし,今回を含めて奨励金部門は申請対象外となります

     
Q3.   複数の検定試験のスコアで申請は可能ですか?
A3.  

複数の検定試験を受験し,それぞれ基準スコアを満たした場合は,最も給付額の高い検定試験のみ申請対象とします。

例: TOEIC(給付額3千円)とIELTS(給付額1万円)の2つの検定試験を受験し,それぞれ基準スコアを満たした場合

→給付額は1万円となります。

     
Q4.   海外で受験した場合の奨励金部門の給付額は,どうなりますか?
A4.  

海外で受験し,その受験料が邦貨換算で1万円を超えた場合であっても,日本で受験した場合の受験料を基に給付額を決定します。

例:海外でTOEIC公式テストを受験し,受験料が邦貨換算で1万円を超えた場合

 →当該試験の日本国内での受験料が1万円以内であるため,邦貨換算額に関係なく給付額は3千円とします。

 

不明な点がある場合は,提出先メールアドレス(answer_g@adm.kanazawa-u.ac.jp)まで問い合わせてください。