機械工学類

理工学域【機械工学類】

機械工学類では,技術者・研究者として,安全で安心な生活を支え,かつ,向上をもたらす様々な工業製品から,最先端技術の開発に至るまでを対象とした,先進的な設計技術,超精密加工,高度なシミュレーション技法の研究,さらに,エネルギー問題の解決に取り組み,ものづくりのリーダーとして国際的に広く活躍する人材を育成します。そのために,機械工学の基盤となる物理学・数学を積極的に取り入れ,基礎学力の上に立脚した応用能力を涵養し,先端的な教育・研究を通して技術革新を担う能力を育成します。また,自己を知り自己の人間力や表現力を高めるため,倫理・環境に関する教育・研究を実施して工学のみならず社会の調和に貢献し得る人間力を養成します。

 本学類は,物理学・数学を駆使し,原子・分子レベルから,巨大構造までを対象とした最適設計法,超精密加工技術,新素材の開発など,未知の領域に挑む分野から,環境に配慮した新エネルギーやエンジンの開発など,自然の保護と持続に貢献する分野まで,広く興味を持つ人材の入学を期待します。

求める人材

  •  先端機械工学への興味,モノづくりへの熱意,人間支援に対する高い志を持ち,講義,実験や実習,さらには研究に積極的に参加して行動できる人・ 技術倫理についての自覚を持ち,地球環境への関心が高く,グローバルな視野の拡大と国際的コミュニケーション能力の向上に意欲を持つ人
  •  独創性と創造性があり,自ら問題点を解決する意欲を持つ人

選抜の基本方針

一般入試

 前期日程では,機械工学類とフロンティア工学類と電子情報通信学類の選抜を一括して行います。この一括入試では基礎学力に加え,3学類において基礎となる数学・物理・英語の学力を評価します。入学後,学生自らが自己の適性を判断しながら進路をみつけていく経過選択制を導入しており,各学類への所属は2年進級時からとなります。出願時に所属を希望する学類がある場合は1つだけ優先配属を申請でき,優先配属は入試成績により決定されます。ただし,優先配属となった場合でも,2年進級時に優先配属を辞退して,他の2学類を再希望することができます。

帰国子女入試

 理系基礎科目である数学,物理及び英語の学力を重視するとともに,成績証明書(調査書)により基礎学力を評価します。

私費外国人留学生入試

 日本語の聴解・読解力に加え,理系基礎科目である数学,物理,化学及び英語の学力を重視するとともに,面接により,日本語によるコミュニケーション能力,理工学分野の勉学意欲及び資質を評価します。

入学までに身につけて欲しい教科・科目等

 大学入試センター試験で課している科目(理系科目及び文系科目)及び一般入試の個別学力検査で課している科目(数学・理科・英語)について,十分理解しておくことが必要です。また,身の回りの“モノづくり” の仕組みから日常的な科学現象まで,幅広い興味と探究心を持つことが望まれます。